(一応)鶴見線シリーズ、4弾は浜川崎から尻手までを結ぶ南武線の支線(南武支線)です。
9F836D25-248C-4BD4-AC74-9195DB8FDACE

鶴見線と南武支線の浜川崎駅は別の改札内にありますが、乗り換える際はICカードをタッチしなくても乗り換えられるようになってます(がそんなことは知らずにタッチしてしまい余分な運賃を払ってしまったのは秘密)
上は武蔵白石から塩浜までを結ぶ貨物線、踏切は南武支線尻手から鶴見線扇町へ行く貨物線です。
43E63247-DF29-4D43-8E7E-5530FDF81AFB

南武支線では鶴見線と同じく山手線などで余剰となった205系中間車を先頭化改造しか205系1000番台が走っています。
05047F41-C216-478F-92B1-28727AC0B9BB

鶴見線はツーマン運転でしたが南武支線は5駅と駅数も少ないことなどからワンマン運転となっています。(鶴見線は路線が複雑だからかも)
C3B491C6-6180-413D-9864-C9673181789B

ドア窓は全て大窓、座席モケットは小田栄駅開業時に音符入りのものに張り替えられています。
1B63A90F-3487-4ECA-B3C2-4C5578FBAF1A

終点、尻手に到着。
25E65AD0-DE70-4315-A8B0-10D12EFC263C

南武支線には貨物列車が設定されています。このEF210、片側のライトが切れてますね()
F6827D54-F4B6-4E66-8A25-5AB7DE6D8707
39FBCD06-D601-43A6-A33D-36F5B69EABDA
8A752BE9-5D99-44E7-8DD6-6F481AEC4F9D

タキ
貨車には疎いので詳しくは省きます()
7153D50B-D88E-4728-96CA-C69A55E65014
貨物と205系
貨物線に申し訳程度に旅客線を走らせている南武支線らしい光景ですね。

一応これで鶴見線と南武支線の旅は終わりです。終わった感想としては無理な工程すぎて詳しく見れてない感がありますね()205系引退前にもう一度行きたいことですか果たしていつ行けるか…